図書館アンケート実施中 校則アンケート結果報告

新型コロナウイルス対策関連情報

市政トピックスの新着情報

市政トピックスの一覧を見る

個人質問 さはしあこ議員 (9月16日)

9月16日、本会議個人質問でさはしあこ議員は、校則のあり方について質問しました。

校則について 納得いく説明を

 さはし議員は、校則で規定されている頭髪について、女子生徒の「ちょろっとはみ出した毛」と「前髪の横のサイド部分を顔周りに沿わせた触角」(参考:下図)についてとりあげました。この髪型がダメだとされている学校もありますが、どうしてなのか、生徒たちにも私にも合理的で納得できるように説明を求めました。しかし、教育長は、「校則は各学校で定められるものであり、各学校にによって内容は違うので、髪型が校則違反かどうか一概には答えられない。校則の内容は、社会通念に照らして合理的とみられる範囲内で適切に定められるべきものと考える」と答えました。


 さはし議員は、日本共産党市議団の校則アンケートに寄せられた「学校からそういう決まりなんです」「決まりだから守れ」「中学生だから」「学校の評判が下がる」などの声を紹介し、子どもたちが納得できない校則の見直しを求めました。

校則の見直しの学校の取り組みは

 「校則の見直し等に関する取組事例について」(今年6月の文科省通知)では、校則の見直しについて「校則の内容は、児童生徒の実情、保護者の考え方、地域の状況、社会の常識、時代の進展などを踏まえたものになっているか、絶えず積極的に見直さなければならない」「見直しの際には、児童生徒や保護者が何らかの形で参加する例もある」と取り組み事例を紹介しています。
 また、「なごや子どもの権利条例」に「子どもは自分たちにかかわることについて主体的に参加するため、一人一人の発達段階に応じ、意見を表明する機会が与えられること、自分たちの意見が尊重されること、意見を表明するために必要な支援を受けられること」とあり、校則の見直しには、児童・生徒らが主体的に関わることが重要です。 さはし議員が、校則見直しの取り組みについて質問すると、教育長は「各学校での取り組み事例として、「生徒会がアンケートを取って問題点や意見を集約し、それを基に各クラスで議論するなど、主体的に校則の見直しを行っている。児童生徒が校則の見直しをすすめていくには時間がかかるが、その過程が大切であると考えている。」と答弁しました。

校則は変えられるというメッセージを

 教育長は「全ての中学校において、生徒が参加をする校則の見直しが行われている、もしくは、行おうとしている状況です」「教育委員会といたしましては、校則の見直しについては、児童生徒の主体性を培う機会になると考えており、各学校において、多くの児童生徒が参画できるような取り組みになることを期待しています」と述べました。 さはし議員は、「では、なぜ、校則アンケートでは、回答者の94%が『校則を変えられたらいい』と答えたにもかかわらず、『どうやったら変えられるかはわからない』と答えているのか」「『校則に不合理な点があれば、見直してもいいんだよ』ということが子どもたちに伝えわっていないのではないか」と認識の甘さを指摘しました。
 最後に、「子どもたちの声を受け止め、多くの児童生徒が参画できるような取り組み」になるよう教育委員会として応援していただきたい」「子どもの意見を尊重する取り組みとなるよう引き続きがんばっていただきたい」「子どもたち自身が率直に声を上げてもいいんだと言える名古屋市に」と要望しました。

個人質問 さいとう愛子議員(9月16日)

 9月16日、本会議個人質問でさいとう愛子議員は、名古屋市図書館第1ブロック施設整備方針(案)について質問しました。

利便性に差がでる再編・縮小計画

 さいとう議員は、より専門的なレファレンスを行うのは、星ヶ丘駅近くに整備される予定のアクティブライブラリーのみとなり、より深く学び調べるためには、特に守山区・東区から、星ヶ丘まで行くには、時間と交通費が必要となり、地域によって利便性が大きく差ができると指摘しました。
 市議団が行った図書館アンケートでは、区の図書館を月1回以上利用していた人が星が丘に大きな新しい図書館ができても、東区で62.8%、守山区では53.4%が「行きたいとは思わない」と答えています。 (下図)
 教育長は「鶴舞中央図書館のみで扱っている、専門的な資料データベースを、星ヶ丘のアクティブライブラリーでも利用できるようにする」と答えました。しかし、星ヶ丘付近へのアクティブライブラリー整備の見通しはたっていません。

おはなし会は名東図書館内ではなく複合施設内で

 現在、名東図書館では司書が中心となり、おはなし会やボラティア育成がおこなわれています。転出入の多い名東区で孤立を防ぎ、子育てをサポートする役割を果たしてきました。さいとう議員は、最も縮小される名東図書館では、今後、おはなし会は行われなくなるのかと質問しました。
 教育長は「これまで以上に、学校や児童館へ出張するなど様々な工夫する」と答え、新しい名東図書館で「おはなし会」を行うとは答えませんでした。また、「おはなし会等の行事につきましては、入居する複合施設内に必要なスペースを用意し実施することを予定しております」といつでも使えるおはなし会のためのスペースは図書館内につくらないことが明らかになりました。

子どもスペースも複合施設内に

 名東図書館には、子どものスペースがあり、四角いマットが敷いてあり、寝そべって本を読むこともできます(現在はコロナ対策で椅子と机)。この場所は、1975年名東区が分区され、図書館建設が具体化する中で市民の声によって作られました。しかし、施設整備方針案では、メインターゲットを「通勤や通学の途中に立ち寄る人」「本を手に取って選び、貸出や返却だけできればよい人」「複合先の施設を利用する人」とし、親子連れの利用は想定していません。


 さいとう議員は、市議団のアンケートで87%の方が、「閲覧スペースや子どもペースを『あったほうがよい』」と答えていることをあげ、「図書館そのものの機能や意味がなくなる気がする」という声を紹介しました。(上図)そして、新しい名東図書館には子どもスペースが作られるのかと聞くと、教育長は「子どもたちが自由に本を読めるよう、入居する複合施設内に必要なスペースを用意することを予定しております」と繰り返しました。児童書や紙芝居の蔵書も減らされ、子どもたちや親子が今までのように利用できなくなることが危惧されます。

 最後に、さいとう議員は、名古屋市図書館第1ブロック施設整備方針(案)の撤回と、地域の利用者、子どもたちの意見を受け止めて、地域密着型の図書館として発展させるよう求めました。

個人質問 江上博之議員(9月15日)

 

 9月15日の市議会で江上博之議員は、「金メダル事件」について河村たかし市長の責任を追及しました。

セクハラの認識ももてなかった市長

 8月4日、河村たかし市長は、表敬訪問にきていただいた五輪選手の金メダルをかむという前代未聞の行為に及ぶという「金メダル事件」をおこし、名古屋市政に大変な汚点を残すことになりました。
 そのうえ、容姿や結婚、恋愛というプライベートに触れるなどの言動を行いながら、それがハラスメントに当たるとの認識が理解できず、他でも同様の言動を繰り返していたことや、当初はそれらを「愛情表現だった」と言う人権感覚のなさに、市への苦情は増えるばかりでした。
 市長は、8月23日に「優勝報告における不適切な行為等について」を市のホームページに掲載し、不適切な行為に「申し訳ございません」と繰り返しました。

セクハラへの自己分析ができない市長

 江上議員は「どこが問題であったのか、どうすべきであったのかについて分析し、市民に説明することが2度と過ちを犯さないことにつながる。そこが答えられていない」と指摘し、「市長としての品格にかける」とただしました。これに対して市長は「周囲に不快感を与える言動はハラスメントになる」というだけで自分の発言のどこが問題かを具体的にこたえず「猛省しながら自戒しながらやっていく」などと答えました。

市民からの苦情が約16,000件

 市長は「不適切な言動に対する責任を明らかにするため」3か月報酬ゼロ条例を提案し、「過去最大の処分」と発言しています。市民からは「金の問題ではない。姿勢の問題だ」と怒りの声がさらに拡大し、市民からの抗議の電話などが9月13日までに15,799件も寄せられ、職員はその対応に追われました。この時間を、共産党などが掲げる最低賃金・時給1,500円で計算すると市長の今回の報酬削減額150万円を超えます。

3か月給与ゼロで幕引きなのか
「自ら痛みのある制裁を課すことが重要(市長)」

 江上議員は「金メダル事件について、『すべては私が悪うございました』という責任の取り方が3か月報酬ゼロ、過去最大処分と言うが、これで『金メダル事件』の不適切な言動のすべての責任を取ったと認識しているのか」と追及。河村市長は「全てとは思っていない。自ら痛みのある制裁を課すことが重要。自省、猛省、自戒、社会にいいことを行っていくということで責任を取っていきたい」と答えました。

辞職すべきだという抗議にどうこたえるか
      ……「猛省、自戒」というだけの市長

 市民からの抗議は9月10日で「辞職すべき」5,733件で41.1%、「不快、不潔」5,378件の38.6%、「きちんと謝罪すべき(謝罪になっていない、悪いと思っているように見えないなど)」4,911件の35.2%などです。8月16日の謝罪記者会見以後に「辞職すべき」が764件も増えています。

 江上議員は、「辞職すべき、という市民の抗議に市長はどう答えるのか、どういう行動をとるのか」と追及しました。市長は「猛省を続けながら、自戒を続けながら、社会にいいことを行っていく」ということを繰り返すのみで、「セクハラについてどう自覚し、今後どうしていくのかということについて市民に説明をしないのか」との追及には「周囲の皆さんが不快に感じられる可能性があることはやりません」というだけで、辞職も説明責任にも言及しませんでした。
 江上議員は「市長としての資格はない」と明確なけじめを示すよう求めました。

自分勝手な言動を繰り返す佐藤ゆうこ議員への問責決議案を可決

 9月議会が開会された9月10日の冒頭で佐藤ゆう子議会運営委員会理事に対する問責決議案が提案・呉傑されました。江上議員が提案説明を行い、佐藤議員の弁明ののち、質疑と討論が行われました。 江上議員の提案説明を紹介します。 

伊勢湾台風被災者への謝罪もなしに復団をすすめた市政に批判の声

 伊勢湾台風の経験者として提案理由を説明します。今年6月22日の議会運営委員会において、会派間の交渉を担うには不適切であるとして佐藤ゆうこ簡員に対する理事不信任動議が可決されました。それから2か月以上経過した現在も議会運営委員会理事にとどまり続けています。

 そんな中、8月20日付で減税日本ナゴヤから、2019年9月20日の都市消防委員会での伊勢湾台風をめぐる極めて不適切な発言で同会派を離団した前田えみ子議員の団員加入届が提出されました。この提出に当たり、佐藤議員、前田議員は社会的な制裁を受け、深く反省していると述べるなど、自らの都合を優先させ、被災された方々の気持ちを逆なでするような発言をしました。この発言を受け、かつて抗議文を提出した被災学区から再び議長宛ての抗議文が提出され、「被災者不在の裏切り行為」「市民の議会不信を増幅しかねない許されざる行為」などの非常に重い言葉が名古屋市会に投げかけられるに至りました。
 

 その後、8月27日の議会運営委員会で、伊勢袴台風襲来の日を目前に控える8月20日というタイミングでの前田議員の復団は、佐藤議員の呼びかけによるものであることが明らかとなり、さらに、議会運営委員会の他の減税日本ナゴヤ所属委員が、復団の前に抗議文を提出した被災学区へ謝罪に赴くべきだったと発言する中で、佐藤議員だけが、復団と被災学区への謝罪の順番については、時としてどちらが正しいというのはないときもある旨の発言をするなど、佐藤議員が復団に主導的役割を担っていたことがうかがい知れます。

 このような佐藤議員の言動は、伊勢湾台風で被災された方々の心情を再び大きく傷つけるとともに、名古屋市会の名誉を著しく毀損するものであり、同議員が議会運営委員会理事という重責の任にないことは疑いの余地がありません。

理事会で確認したことまでほごに

 さらに、6月22日の議会運営委員会で行われた増田成美議員による委員外議員の発言に関しても、佐藤議員は、
議会運営委員会に先立って開催された同理事会で増田議員から離団及び会派結成に伴い発言時間・議席等を改めて同理事会で協議することになった「陳謝と経緯」の説明をしたいとの申し出があり、これを許可することを自らも同席の上で確認していました。ところが7月5日の議会運営委員会で佐藤ゆうこ議員は、理事会であらかじめ確認したとおりの議事運営を行った議会運営委員長に対し、増田議員に「経緯」まで発言させたことに責任があると糾弾ししました。あらかじめ理事会で確認したことを自らの都合でほごにしようとする佐藤ゆうこ議員の発言・態度は、会派間の協議を通じて円滑な議会運営を目指している議会運営委員会及び同理事会を冒涜し、円滑な議会運営を著しく損なう不適切な行為であり、断じて許されるものではありません。

 円滑な議会運営を損なう言動が繰り返されるこのような事態が、佐藤ゆうこ議員に対する理事不信任動議が可決された以降も続いていることに鑑みると、同議員は議会運営委員会理事として不適格であると断ぜざるを得、このまま同議員が議会運営に係る協議に参加し続ければ、名古屋市会の混乱が続くのは必至と考えられます。
よって、名古屋市会は、佐藤ゆうこ理事に対し、猛省を促すとともに、その責任を強く問うものです。

自分勝手な議事運営の押し付けに反省なし

 佐藤議員が、「不信任は自民党控室に呼ばれたときにいるべきでない人がいたことと、過去の恐怖体験からとっさに録音をしたことを交渉不適格者とされたことから始まった。離団についての経緯は内政干渉とも取れることを繰り返されたので内部のことは答えられないとしたことが理由であり不当な不信任だ」と弁明。

 質疑には、以前に違法ブロック塀で猛省決議を受け、理事としての議会運営で問責決議をうけた減税の浅井議
員が「委員長らは高圧的で内政干渉ではないか」と主張、公明党の沢田議員が経過を順を追って説明しました。
 反対討論には議運理事の不信任決議を受けた大村議員が、「この1年半に減税議員が5回動議や決議を受けたが
会派の意思を発言しずらくなってはいけない、少数会派の意見を尊重しない不当なもの」と反対しました。

 賛成討論には、自民党の吉田議員が「地元の港区など被災者の心情が深く傷つけられた。その思いを考えると
強い憤りを感じる」と訴えました。
 採決の結果、問責決議は可決されました。

2022年度 予算要望書を提出

 日本共産党名古屋市議団は、河村たかし市長に来年度予算編成にあたっての要望書を提出しました。また、「金メダル事件」に関して河村市長への要請を行いました。

市政トピックスの一覧を見る

議会・市政の「いま」をお届け! 市政ニュース

フォトトピックス

今日は最高気温36度の予報。先月には名古屋駅バスターミナルにエアコンが設置されていましたが、ようやく稼働しました。右下の画像は噴出し口がオープンしている状態(2021年8月4日)

これまでの写真を見る

  • ユーチューブの日本共産党名古屋市議団チャンネルへ
  • 日本共産党中央委員会
  • 日本共産党愛知県委員会
  • モバイルサイトのご案内-日本共産党名古屋市議団のモバイルサイトのアドレスは「http://n-jcp.jp/」です
  • 更新情報RSS

ページのトップへ