市政ニュース

カテゴリー: | 2017/09/15

市政ニュース259 高校での発達障害の生徒への支援を

 9月15日の名古屋市議会本会議で、岡田ゆき子議員は「高校での発達障害の生徒への支援」と「介護予防・日常生活支援総合事業」についてただしました。

 また、昨年から始まった「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」で、要支援1、2の認定者の訪問介護と通所介護が保険給付から名古屋市の事業となりました。しかし国が予算の上限を設けているため、名古屋市は報酬と人員基準を引き下げた基準緩和型サービスや住民ボランティアなどによる地域支えあいサービスを総合事業として始めましたが多くの方から様々な問題点が上がっています。介護報酬の引き下げが事業経営を困難にしていることを岡田議員は追及しました。

news259.pdf (273KB)

カテゴリー: | 2017/09/15

市政ニュース258 市みずから核兵器廃絶の世論啓発に踏み出せ

 7月7日に国連で核兵器禁止条約が採択されたことをうけ、柴田たみお議員は河村市長に対し、核兵器廃絶にむけたとりくみの提案を行いました。

 また、来年度から国民健康保険は都道府県が財政運営を行うことになり、市町村は都道府県に納付金を支払う方式にかわります。柴田議員は、名古屋市が愛知県に支払う保険料額がどうなるのか質問しました。

news258.pdf (439KB)

カテゴリー: | 2017/09/14

市政ニュース257 戦争遺跡を保存活用し、次世代に「悲惨さ」継承を

 藤井ひろき議員は14日の本会議質問で、戦争の悲惨さを次世代に伝えるために、市内各地にのこる戦争遺跡の保存・活用を求めました。

 また小学校給食の無償化については、「小学校生活6年間の給食費は一人25万800円。給食費以外にもドリルや笛、絵の具に習字セット、体操服など小学生を持つ保護者の負担は本当に大変だ」と述べ、名古屋も無償化に踏み出すよう求めました。

news257.pdf (1MB)

カテゴリー: | 2017/09/14

市政ニュース256 若宮閉校「説明不足」教育長が謝罪

 9月14日の市議会本会議質問で、青木ともこ議員は若宮商業高等学校の存続を求めました。生徒・OBら関係者ぬきで強行する閉校計画に道理がないと迫る青木議員に、教育長は関係者への説明不足を謝罪しました。

 教育委員会が6月に公表した「なごやアクティブ・ライブラリー構想(案)」については、青木議員は「一区一館式で、市民が平等に利用できるこれまでの図書館のあり方を覆し、格差を生むもの」として見直しを求めました。

news256.pdf (1MB)

カテゴリー: | 2017/09/14

市政ニュース255 久屋大通公園をパークPFIで再開発

9月14日の名古屋市議会本会議において、日本共産党のさはしあこ議員は「久屋大通公園条例の制定」についてただしました。

news255.pdf (859KB)

カテゴリー: | 2017/09/13

市政ニュース254 南極観測船・砕氷艦「しらせ」が入港

海上自衛隊の南極観測船・砕氷船「しらせ」が、9月29日に名古屋港に入港、9月30日と10月1日には一般公開が行われます。日本共産党名古屋市議団は9月13日、南極観測船としての意義や南極条約の周知などを求め、自衛隊の募集や宣伝などに利用させないよう管理組合に申し入れました。今回の入港では、8月に横転事故を起こした艦載機(ヘリコプターCH-101)の発着訓練も計画されています。

news254.pdf (1MB)

カテゴリー: | 2017/09/13

市政ニュース253 9月定例会の傍聴のおさそい

 質問時間が決まりました。ぜひお気軽に傍聴へお越し下さい。

 

news253.pdf (462KB)

カテゴリー: | 2017/09/11

市政ニュース252 2018年度予算要望を提出 党市議団と河村市長が懇談

日本共産党名古屋市議団は9月11日、2018年度の予算編成にあたって河村たかし市長への要望を行いました。「大型事業を見直し、くらし・福祉優先の市政へ転換を」「訪れたくなるまちづくりもいいけれど、住みたくなるまちづくりにこそ力を注いで」などの声にこたえて市政運営を転換させる必要があります。予算要望は、この視点から取りまとめました。

news252.pdf (313KB)

カテゴリー: | 2017/09/11

市政ニュース251 名古屋市議会の9月定例会

名古屋市議会の9月定例会が9月11日から10月13日の会期で始まりました。

さはしあこ議員、青木ともこ議員・藤井ひろき議員・柴田民雄議員・岡田ゆき子議員が本会議で質問します。

請願は9月27日(木)までにお願いします

news251.pdf (282KB)

カテゴリー: | 2017/09/04

市政ニュース249 若宮商業突然の閉校に道理なし

8月31日に名古屋市教育子ども委員会で、少子化や施設の老朽化を理由に、市立若宮商業高校(天白区、生徒数約700人)の生徒募集を2020年度入学分から停止し、22年度に閉校する計画が発表され、青木ともこ、さいとう愛子両委員が質疑を行いました。

news249.pdf (2MB)