保育所等の園外保育における安全確保を求める緊急申し入れ

教育長(中央)に申し入れる(左から)さいとう・田口・岡田・さはし・江上各議員

大津市の県道交差点で保育園児らの列に軽自動車が突っ込み、園児2人が死亡した事故を受け、日本共産党名古屋市議団は5月16日、河村市長に対し、保育所等へのアンケートで園外保育の危険個所を全市的に把握し、早急に対策を取るよう緊急の申し入れを行いました。

news03保育所安全申し入れ

2019年5月16日

名古屋市長
河村 たかし 様

日本共産党名古屋市議団
団長 田口一登

保育所等の園外保育における安全確保を求める緊急申し入れ

 5月8日に発生した大津市における散歩中の事故について、多くの保育現場に関わる方々が衝撃を受けています。亡くなられたお二人の園児に心から哀悼の意を表明するとともに、未だ重体と伝えられている園児と入院されている方々の一日も早い回復をお祈りするものです。

 園庭の有無にかかわらず、園外の散歩は欠かせません。特に、幼児期の子どもたちは、体験してわかっていき、四季の移り変わりを自分で見聞きすることが成長過程には非常に大事であることはいうまでもありません。

 事故を受け、共産党名古屋市議団が緊急に市内の保育所等に聞き取りを行ったところ、「事故直後は散歩を中止した園が多かった」、「これまでも、うちの園では国の基準の倍の保育士をつけ散歩をしている。それでも、車・自転車・歩行者などに常に注意しながら子どもの引率をするので、散歩はとても緊張する」、「園の前に飛び出し注意の看板や横断歩道を設置してほしい」「日ごろから危険な場所はピックアップしており、カーブミラー、車止めポールなどの設置を求めて毎年区に要望しているが、あまり実現しない」、「通知をうけ、園で安全の再点検や体制の確認を行ったが、市が危険な箇所を改善してくれるわけではない。これ以上どうしたらいいというのか」などの声が聞かれました。

 市は厚労省・保育運営課からの通達を全保育所等に送り、安全点検を行っているところでありますが、以下緊急に申し入れます。

1、保育所等へのアンケートを行い、園外保育における危険な個所を全市的に把握し、関係機関と協議して早急に交通安全設備設置など具体的対策を講じる。

2、具体的対策にあたっては、国や県へも財政的支援を要請する。

以上