2017年2月定例会

岡田ゆき子議員が予算組み替え動議を説明(3月23日)

 

               (上記録画のうち8:15から2分間程度が岡田議員の提案説明です)

予算組み替え動議の提案説明

岡田ゆき子

岡田ゆき子議員が3月23日の本会議で、日本共産党名古屋市議団が提出した予算組み替え動議の提案説明を行いました。岡田議員は、大企業・大金持ち優遇の市民税5%減税やムダな大型事業をやめ、福祉や教育などの施策を拡充するよう提案しました。

ムダな事業や金持ち減税をやめ、国保料引き下げや給食費無料化などを
 私は日本共産党名古屋市会議員団を代表して、平成29年度名古屋市一般会計予算の組み替えを求める動議についてご説明いたします。
 予算案は、大企業・大金持ち減税を続けながら、減税をテコに、市民サービスの削減、福祉の民間委託、民営化を進めることから、以下の方向で抜本的な組み替えを提案します。

金持ち減税と減税の財源づくりのための民間委託等をやめる
 第1に、大企業・大金持ち優遇の市民税5%減税の実施を中止、117億円の税収を増やします。減税財源確保のために行われる公立保育園の民間移管、小学校給食調理業務の外部委託、図書館の指定管理制度を中止します。介護保険制度の要である要介護認定調査事務の委託はやめます。
ムダな大型事業をやめる
 第2に、新たな浪費につながる、市民生活に不要な大型開発事業は中止し、財政の健全化を図ります。愛知県知事との調整も困難となっている新たな大規模展示場整備のための調査費は計上しません。リニア中央新幹線事業においては住民への環境問題が懸念される中、リニア開業を見据えたまちづくりの推進はせず、名古屋駅地下公共空間整備は進めません。

生み出した財源で福祉・くらしの予算を増やす
 第3に、減税と不要な事業の中止で財源を確保し、市民の福祉を守り、くらし、教育、子育て応援、防災のための事業の実施及び施策の拡充を図ります。国保料の負担増をやめ、さらに未就学の子どもの均等割保険料を減免します。医療費助成は18歳まで拡充します。後期高齢者医療保険料の特例軽減見直しに対し市独自の軽減を行います。小学校給食の無料化、小中学校の少人数学級拡大、住宅リフォーム助成制度を創設します。民間木造住宅の耐震改修助成を大幅に拡充します。
 以上、市長に対し、一般会計予算案を速やかに組み換え、再提出されることを求めて説明を終わります。

  予算組み替え動議の内容はこちら

キーワード: