2011年3月定例会

副議長選挙にあたっての所信表明(2011年3月24日) 田口一登 議員

副議長選挙にあたっての所信表明

2011年3月24日 田口一登

田口一登です。副議長候補としての所信を表明させていただきます。

一年前に本市会が制定した名古屋市議会基本条例は、議会と市長が相互に独立対等な立場で、緊張関係を保ちながら、市政を運営していくという二元代表制の堅持を明記しています。一部に、二元代表制を否定し、議会のチェック機能を弱め、市長の権限強化を図る動向があるだけに、二元代表制という憲法原則に立脚して、本市会の役割の発揮をめざすことが、私は重要だと考えます。

同時に、先の市会議員選挙での市民の審判は、議会と議員のあり方にたいして大変厳しいものとなりました。議会基本条例にもとづく議会の改革は、まだ緒についたばかりであり、市民の負託にこたえて、「市民のために働く議会」「日本一市民に開かれた議会」をめざし、改革をさらに前進させることが求められています。
そこで、私は、議長を補佐して公正公平な議会運営に努めつつ、次のような改革を進めていきたいと考えています。

第一は、議会経費について適正化と透明化を図ることです。議員報酬は半減し、任期中に1回の慣例的な海外視察は中止します。政務調査費については、使途の説明責任をよりいっそう果たすようにします。

第二は、民主的な議会運営に努めることです。議会基本条例に明記された「議員平等の原則」にのっとり、本会議質問における会派別持ち時間制を廃止します。休日・夜間議会の開催を検討します。

第三は、市民参加の促進と情報公開を徹底することです。定例会後には必ず議会報告会を開催するともに、必要に応じて市民公聴会を開催するなど、市民意見の反映に努めます。「市会だより」のいっそうの充実を図ります。

第四は、議会の政策立案、調査機能を強化することです。議員からの条例提案の活発化を図るとともに、議員間における政策論議を促します。

以上の点について、議員の皆様の協議の場を設けて取り組んでいくことを表明し、所信といたします。ありがとうございました。

※田口一登議員の所信表明演説は、16分ごろから

キーワード: